新着情報

【全石連より組合員の皆様へ】「コロナ下における燃料油価格激変緩和事業」について

●「コロナ下における燃料油価格激変緩和事業」について
 👇下記のバナーをクリックすると、資源エネルギー庁 公式サイトにリンクします。
  11/19に閣議決定された経済対策に「コロナ下における燃料油価格激変緩和事業」が
  盛り込まれました。
  しかし、一部先行報道では、あたかも小売価格が値下げされるかのような誤った内容
  で報道されており、これまでの報道は一部誤りがありますので、下記の通りご連絡さ
  せていただきます。
 ≪本事業の趣旨について≫
  『原油価格の高騰に伴い、元売の卸価格が更なる上昇をしそうな場合に、元売に原油
  コスト(※日経ドバイの週次コスト)上昇分を支援(変動幅に応じ最大5円まで)して
  卸価格を据え置きとすることで、小売価格も基本的には上昇しないようにする』

  令和3年12月下旬~令和4年3月までの時限的・緊急避難措置となります

  あくまでも急激な価格上昇を抑えるための制度であり、『小売価格を引き下げて販売
  することではない』ことをご理解ください。
  また、報道では「レギュラーガソリンがリッター170円※」という価格が出ております
  が、本価格は当該制度を開始するきっかけ(発動要件)として設定されている価格です。
  ※資源エネルギー庁調査のガソリン全国平均⼩売価格
  小売価格は流通コストも含め個々の事業者が自らの経営判断により決めるものであり、
  開始時点で170円以上で販売しているSSに小売価格の値下げを強要するものではなく、
  制度趣旨に則り小売価格を維持して問題ありません。
  全石連では、当該事業の趣旨をまとめた事業のイメージ図を作成いたしました。
  資エネ庁石油流通課提供の制度概要資料・動画と併せて、下記に掲載しておりますので、
  組合員の皆様方へおかれましては、ご周知くださいますようよろしくお願い致します。

 👇クリックするとPDFファイルが開きます。
      ⇒【全石連資料】コロナ下における燃料油価格激変緩和事業のイメージ  👇クリックするとPDFファイルが開きます。
      ⇒【資エネ庁資料】原油価格高騰の激変緩和制度概要について
👇画像をクリックすると、動画が再生されます。
  ●資源エネルギー庁・石油流通課長からの緊急メッセージ動画

 

カテゴリー: 組合向け | 【全石連より組合員の皆様へ】「コロナ下における燃料油価格激変緩和事業」について はコメントを受け付けていません

【組合員の皆様へ】旧規格消火器は「2021年12月31日」まで交換が必要です。

●旧規格消火器は「2021年12月31日」まで交換が必要です。
 2011年1月1日に施行された省令改正により、消火器の規格が改正されました
 これにより、旧形式の消火器は型式失効となり、旧形式の消火器を継続的に
 設置出来るのは、「2021年12月31日」までとなっております。
 2022年1月1日以降は、型式失効した旧型式消火器の設置は認められませんので、
 SS・事務所内に設置済み消火器の計画的な交換をお願いいたします。
 幣組合では、ヤマトプロテック㈱製のSS設置用の業務用消火器を取り扱って
 おりますので、まだ未交換の組合員様がございましたら、下記注文書で
 ご注文ねがいます。
 購入本数の2倍まで廃棄回収サービス!※別途廃棄用リサイクルシール代が必要となります。
  👉クリックするとPDFファイルが開きます
      ⇒SS用消火器パンフレット(裏面は注文書です)

 なお、製造年が2012年以降のものは、旧規格消火器ではありません
 製造年が2011年以前のものについて、下記の内容をご確認下さい。
  適応火災のマークが文字で表示されている消火器や「設計標準使用期限」が
  記載されていない消火器は、型式失効した旧型式規格のものです。

●点検基準改正により製造から10年を経過した消火器は、耐圧性能点検(水圧試験)
 または、交換が必要です。

 設置が義務づけられている建物(防火対象物)では、製造から10年を経過した
 消火器に対する耐圧性能点検(水圧試験)が義務付けられ、以降3年ごとの耐圧
 試験が必要です。
 なお、消防法令等に基づいて設置が義務付けられている消火器については、
 耐圧性能点検を実施していても、旧規格消火器にあっては、2021年12月31日
 までに交換する必要があります。
 ※ガス系消火器(二酸化炭素消火器・ハロン消火器)についても、旧型式消火器は、
  「2021年12月31日」までの交換が必要です!
  👇クリックすると(一般社団法人)日本消火器工業会HPにリンクします。
      ⇒「あなたの消火器、大丈夫ですか?」HP
   👇クリックするとPDFファイルが開きます。
     ⇒「消防法令等に基づいて設置されている旧規格消火器について」

 

カテゴリー: 組合向け | 【組合員の皆様へ】旧規格消火器は「2021年12月31日」まで交換が必要です。 はコメントを受け付けていません

【組合員の皆様へ】「原油高騰PRポスター」活用のお願いについて

●【組合員の皆様へ】原油高騰PRポスター活用のお願いについて
  
 昨今、原油価格の高騰により、石油製品仕切り価格の大幅値上げが続いております。
 仕入れコスト上昇分を適切に小売価格に転嫁することが、従来に増して重要となって
 おります。SS店頭で一般消費者の方に原油価格高騰についてご理解していただくこと
 を目的に、全石連では「原油高騰PRポスター」を作成しております。
 こちらは、10/20(水)付けぜんせき新聞に折り込みしておりますので、是非ご活用頂け
 ますようお願い致します。

 👇クリックすると、PDFファイルが開きます。
  「原油高騰PRポスター」



カテゴリー: 組合向け | 【組合員の皆様へ】「原油高騰PRポスター」活用のお願いについて はコメントを受け付けていません

9/30改訂「ガソリンスタンドにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」について

●9/30改訂「ガソリンスタンドにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」について
 全石連は、新型コロナウイルス感染防止に予防対策として、SS店頭での対策をまとめた
 「ガソリンスタンドにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(9/30改訂版)」

 について、資源エネルギー庁の助言並びに専門家らの知見を踏まえ、その内容を再改定し、
 9月30日付で全国の石油組合に発出しております。
 SSスタッフの確認用として、あるいは実施状況の店頭掲示用としてご活用が可能で、
 全石連ホームページ(石油広場)からダウンロードできます。
 お客様やSSスタッフの健康・安全を確保する「感染防止」と「燃料供給の継続」を両立させる
 ための取り組みとして、同ガイドラインの積極的な活用を組合員の皆様方にお願いいたします。

≪2021年9月30日改訂内容について≫
 修正箇所は、感染予防対策ガイドライン本体に赤字で記載
 ○ガイドラインⅡ.1 に
 「感染が疑われる際は自宅待機および簡易PCR検査キット等による検査を行い、結果として
  陽性の疑いが見られれば保健所に連絡し、指示に従い必要な措置をとる」を追記。
 ○ガイドラインⅡ.3 に
 「勤務中に着用するマスクについて不織布製を推奨するとともに正しいマスクの着用方法に
  ついて周知する」旨を追記。
 ○換気の徹底として、Ⅱ.4 やⅣ.3 及び同5において、
  適切な空調設備を活用した常時換気又はこまめな換気や換気効率の配慮について記載。
 ○その他《油外販売等の対応》に、顧客の店内待機に備え検温体制の整備等について追記。
 
  👇クリックすると、PDFファイルが開きます。
  ⇒「ガソリンスタンドにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン(9/30改訂版)」
  ⇒「ガソリンスタンドにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドラインチェックリスト
                                     (9/30改訂版)」

  ⇒「セルフSSにおける安全な『アルコール系消毒剤の設置・取扱い』について」
   ○SS店頭告知にご利用できる各種ひな形等を、「ぜんせきweb」ダウンロードページに
    ご用意しております。
    こちらはWeb会員以外でもダウンロード可能となっておりますので、是非ご活用下さい。
    各種ひな形はWord形式で作成しておりますので、社名・SS店名の他、各SSの営業状況
    等に応じて、記載内容の追加・削除が可能となっております。
    SSに従事される皆様方の安全確保体制の構築をはじめ、お客様の不安払拭などにご活用
    いただければ幸いです。
 ≪ご利用方法≫
   ○webブラウザで「ぜんせきweb」を検索して下さい。
    会員以外でも閲覧可能なトップページ右上のバナー、
   「新型コロナウイルス関連資料ダウンロードページ」
をクリックすると該当ページに
    アクセスできます。
   ○SS店頭告知用ツールは、各種ご用意しております。
    必要に応じダウンロード頂き、ご使用下さい。 
     👇下記のバナーをクリックすると資料ダウンロードページにリンクします。


 ※新型コロナウイルスに有効な界面活性剤について、
  効果が確認された界面活性剤が使われている洗剤のリストを
  独立行政法人製品評価技術基盤機構 NITEウェブサイトで公開しています。
 👇クリックすると、PDFファイルが開きます。
  ⇒有効な界面活性剤を含有するものとして事業者から申告された製品リスト
    (2021年10月31日版)

  ⇒新型コロナウイルス対策 身のまわりを清潔にしましょうチラシ
  ⇒ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう(2020.06.26版)説明チラシ
   市販の界面活性剤配合の家庭用洗剤でも消毒が可能です。
   SSサービスルーム内・ドアノブ等の清掃の際、ご参考にご覧下さい。






カテゴリー: 組合向け | 9/30改訂「ガソリンスタンドにおける新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」について はコメントを受け付けていません

【東北運輸局より】令和3年度 大型車の車輪脱落事故防止キャンペーンについて

【東北運輸局より】令和3年度 大型車の車輪脱落事故防止キャンペーンについて
  国土交通省 東北運輸局では、管内の大型車のホイール・ナット緩み等による車輪
  脱落事故が増加している状況を踏まえ、9/1から東北運輸局管内の関係者が一丸
  となって「大型車の車輪脱落事故防止キャンペーン」を実施しております。

    ≪実施期間≫ 2021年9月1日(水)~2022年2月28日(月)

  また、注意啓発用チラシ「大型車の車輪脱落防止キャンペーン啓発チラシ(宮城県)」
  を作成し、国土交通省HP掲載と共に関係団体の協力のもと、運送事業者等に対する
  事故防止対策の周知活動を展開しております。
  大型車を運用する組合員の皆様におかれましては、下記項目についてご確認いただき、
  車輪脱落事故故ゼロを目指してお取り組みいただきますようお願いいたします。
  ≪運用事業者の皆様へ≫
   ○大型車のホイール・ナットの緩みの総点検実施
   ○タイヤ交換時の作業管理表を使用した正しいタイヤ交換作業実施
   ○トラックのホイール・ナットへのマーキング等、日常点検でのホイール・ナット
    の緩みの点検を重点的に実施
  👇クリックするとPDFファイルが開きます。
   ⇒「東北運輸局 車輪脱落防止キャンペーン啓発チラシ(宮城県)」
   ⇒「国土交通省 車輪脱落防止キャンペーン啓発チラシ」
   ⇒「東北運輸局 令和3年度プレスリリース(令和2年度車輪脱落事故発生状況)」


 

カテゴリー: 組合向け | 【東北運輸局より】令和3年度 大型車の車輪脱落事故防止キャンペーンについて はコメントを受け付けていません

【組合員の皆様へ】9/1より「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です!

●2021年9月1日より「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です!
 全石連と47都道府県石油組合は、本年度も組合員SSの皆様方のご協力を得て、
 「満タン&灯油プラス1缶運動(満タン運動)」を全国展開いたします。
 昨年度に引き続き、ポスター、のぼり、ローリーステッカー等による PR活動を
 実施する一方、本年度は初となるテレビCMを全国ネットで放送し、またWEBでの
 動画配信、マスクの製作により満タン運動をサポートいたします。 

👇画像をクリックすると、動画が再生されます。
  ●満タン&灯油プラス1缶運動 CM動画

 👇クリックすると、PDFファイルが開きます。
   「満タン運動 CM放送スケジュール」(9月中 14回放送予定)
 もしもの時のために車は満タン灯油は多めに備えましょう!
 全石連HP「満タン&灯油1缶運動組合員向けサイト」のご案内
 ⇒全石連HP「石油広場」TOPページより、 下記の外部リンク
  TOPページより、「満タン&灯油1缶運動組合員向けサイト」のバナーをクリックして下さい。 

≪満タン&灯油プラス1缶運動 5つのポイント≫

 ❶災害時の「安心」をアピールしましょう。
  大災害が発生すると、家庭用燃料(ガソリン・軽油・灯油)の入手が困難になります。
  車の燃料メーターが半分程度になったら、「満タン」にする。暖房用の灯油は1缶余分
  に買い置く。これで、お客様の災害対策は、より「安心」になることをお伝えしましょう。
 ❷エコドライブと両立を提案しましょう。
  車の重量が重くなると燃費に影響が出るので、燃費向上のために車の中に不要不急な
  ものが置かれていないかチェックすることをおすすめしましょう。
  タンクを満タンにすると車は重くなりますが、もしもの時に安心できるための重さで
  もあることを説明して理解を得てください。
 ❸携行缶での保管は危険なことを説明しましょう。
  ガソリンは、ポリ容器では販売ができません。
  セルフSSでは、お客様によるガソリン携行缶への販売も禁止されていることを説明しま
  しょう。
  携行缶の使用上の安全性と品質劣化の観点から、携行缶によるガソリンの保管は控え、
  車を満タンにすることをおすすめしましょう。
 ❹灯油の保管上の注意点を説明しましょう。
  灯油ポリ缶の保管では、
   ①火気のない冷暗所で
   ②しっかりと密栓して貯蔵することをお伝えしましょう。
  灯油ポリ缶は経年劣化するため、5年を目安に買い替えされることをおすすめしましょう。
  灯油ポリ缶に表示されている「製造年月」の確認方法を説明しましょう。
 ❺灯油の品質に関する注意点を説明しましょう。
  昨シーズンに使い残したり、寒暖差の激しい環境に置かれた灯油は、品質が劣化している
  場合があり、それを使用すると暖房機器が故障する原因になることがあることを説明しま
  しょう。
  灯油はシーズン中に使い切ることをおすすめしましょう。


お客様から寄せられる質問と模範回答

 この運動について、お客様から寄せられる質問と模範回答をまとめてみました。ご参考にして下さい。
 Q1.なぜ「満タン&灯油プラス1缶運動」を行っているのですか?
   大災害発生時には、ガソリンや灯油を買い求めるパニックが起きることが想定されます。
   車が満タンであれば、プライバシー空間としての車内を情報収集拠点として利用できます。
   灯油1缶(18ℓ)があれば、暖房用燃料として活用できます。
   この運動は、災害時の買い求めパニックを回避することにもなります。
 Q2.「満タン&灯油プラス1缶運動」はガソリンスタンドが儲けることが目的ですか?
   SSの地下タンク内の在庫量は、日々変動しています。
   大災害発生時には、ライフラインを維持するため、お客様がご希望の量のガソリンなどを購入
   することが難しくなります。
   災害時の備えとして、ご事情が許されるときに満タンにされることをおすすめします。
 Q3.満タンにしたり、灯油を1缶持つことは危険性が高くなるのではないですか?
   車の構造上、満タンにすることで危険性が高くなることはありません。
   携行缶でガソリンを保管することは、安全面、品質面からおすすめしません。
   灯油についても、オフシーズンまで備える必要はありません。
 Q4 車を使うたびに満タンにした方がいいの?
   燃料メーターが半分程度になったら、満タンにすることをおすすめします。
   満タンにすることが、お客様にとって“燃料の備蓄”になるとお考えください。
   いざというときの安心が高まります。
 Q5 満タンにすると燃費が悪くならないの?
   資源を有効利用するエコドライブは有意義なことです。
   満タンにすると、車重が増えて燃費に若干の影響がでることが考えられますが、運転方法や
   道路事情によっても燃費は影響を受けます。
   燃費の向上か、災害時の安心か、どちらを選択されるかはお客様がご判断ください。
 Q6.うちはホームタンクで灯油を使っているけど、別に1缶余分に置いておく方がいいの?
   大災害発生時には、灯油の配送が滞る事態が発生します。
   ホームタンクとは別に1缶余分に置いてあれば、私たちが配達に行けない状況となったとき
   に少し余裕が持てます。
 Q7.使い残した灯油はどうすればいいの?
   翌シーズンに持ち越した灯油を使うと、暖房機器の故障の原因となることがありますので、
   シーズン中に使い切ることをおすすめします。
   使い残しの灯油の取扱いは、お買い求めのお店にご相談ください。
 上記をふまえ、お客様にご説明・ご提案下さい。
 
  満タン運動に関するパンフレット類は、こちらからダウンロードしてご利用下さい。
  👇パンフ名をクリックすると、PDFファイルが開きます。
       SSスタッフ用マニュアル              PRチラシ


カテゴリー: 組合向け | 【組合員の皆様へ】9/1より「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です! はコメントを受け付けていません

【みやせき通信】みやせき通信 第408号について

みやせき通信 第408号(令和3年8月号) 
 👈クリックするとPDFファイルが開きます。

カテゴリー: 組合向け | 【みやせき通信】みやせき通信 第408号について はコメントを受け付けていません
  • 3.11 東日本大震災について
  • 災害時のSS営業状況
  • 宮城県の緊急避難所 給油所110番について
  • 石油にかかる税金について