新着情報

【申請受付開始】「令和3年度 環境対応型石油製品販売業支援事業」のご案内

 ●「令和3年度 環境対応型石油製品販売業支援事業(検知検査)」のご案内

  中小企業の皆様が、運営している品確法登録給油所の地下タンク・配管等から
  石油製品等が漏えいしていないか確認する際に、その点検検査費用の一部を国
  が支援する事業について、5月26日(水)より申請受付を開始致しました。
  補助金の額は、補助対象経費の3/1まで交付いたします。
  ※詳細については、組合事務局(TEL 022-265-1501)までお問い合わせ下さい。  
 
  ≪申請受付期間≫ 2021年5月26日(水)~12月17日(金) ※書類組合必着日

 申請手引書、様式類は、
  ⇒ 全石連ホームページ 石油広場 よりダウンロード出来ます。

   HOME≫補助金の利用制度一覧≫全石連窓口≫環境対応型石油製品販売業支援事業
   各項目のバナーをクリックして下さい。

 
 ≪補助の対象となる検知検査について≫
  ①土壌汚染検知検査事業
   給油所の地下埋設タンクまたは地下埋設配管から石油製品等が漏えいしていないか
   どうかを「危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示に定める方法」
   で確認する検査費用の一部を支援。
  ②地下埋設タンク・配管二次検査事業
   給油所において①消防法に定める地下タンク等の漏れの点検を実施し、②タンクと配管
   を気相部微加圧検査などで一括して行い、異常が認められた場合に、③地下埋設タンク
   に異常があるのか、配管に異常があるのか不明なので、④異常箇所を特定するために、
   点検マンホールにあるタンクと配管の継ぎ手部分を分離してタンク・配管の個別検査に
   かかる費用の一部を支援。
  ③漏えい検査管採取物検査補助事業
   給油所の地下タンク周囲に設置されている漏えい検査管から水、ガスを採取し、その中
   に含まれるベンゼン、鉛、及び油分を調査する際の検査費用の一部を支援。
  ④ボーリング調査補助事業
   給油所の敷地に、一例として10メートル四方の区画を設定し、その全区画の土壌及び
   地下水をボーリング方式により採取し、それらの試料に含まれるベンゼン、鉛、及び
   油分の含有量等を調査する際の検査費用の一部を支援。
  ⑤油含有土壌等除去補助事業
   給油所の敷地で、あらかじめボーリング等で採取した土壌及び地下水を分析した結果、
   ベンゼン・鉛は基準値を超えていないが油分、油臭・油膜が含まれた土壌があり、しか
   もその土壌の範囲が明確な場合において、その土壌等の除去及び処理等を行う際の一部
   支援。
 環境対応型石油製品販売業支援事業イメージ


カテゴリー: 組合向け | 【申請受付開始】「令和3年度 環境対応型石油製品販売業支援事業」のご案内 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

  • 3.11 東日本大震災について
  • 災害時のSS営業状況
  • 宮城県の緊急避難所 給油所110番について
  • 石油にかかる税金について