新着情報

【申請受付中】令和2年度補正予算「事業再構築支援事業」のご案内

●令和2年度補正予算「事業再構築支援事業」のご案内
 石油製品安定供給確保支援事業「事業再構築支援事業」について、
 下記の期間中、申請受付を致しております。
 申請手引書・申請書等の様式類は、
 👉 (一社)全国石油協会HP よりダウンロード出来ます。
   石油協会TOPページより「事業再構築支援事業」のバナーをクリックして下さい。

     ≪申請受付期間≫ 2021年5月19日(水)~6月25日(金) ※書類組合必着日
 
●石油製品安定供給確保支援事業「事業再構築支援事業」について
 ≪事業内容について≫
  SS過疎地等における石油製品の安定供給確保することを目的とし、揮発油販売業者
  が省人化や燃料配送の合理化による事業の再構築を図るために必要な「タブレット型
  給油許可システム」及び「灯油タンク等のスマートセンサー」を導入する際の設備購
  入費用及び設置工事費の一部を補助する事業です。
 ≪予算額について≫
  令和2年度補正予算:約4.7億円
 ≪補助対象設備について≫
  ①「タブレット型給油許可システム
   ・顧客の給油作業等を制御するための可搬式の制御機器に限る
   ・システム構成は携帯専用端末(SSC)、SSC 本体、無線機器一式、その他付属機器
  ②「家庭に設置する灯油タンク等のスマートセンサー
   ・タンク内の液面レベルを検知し、無線で在庫量デー タをクラウド環境に蓄積すること
    ができるもの。
   ・配送先である家庭の灯油タンク等に設置するものに限る(所有名義は申請者)
  ※各設備の補助対象経費や条件等については、申請手引書P10に記載されておりますので、
   ご確認願います。
 ≪補助率・補助金交付限度額について≫
   ・タブレット型給油許可システム
    補助率:1/3 補助金交付限度額: 167万円
   ・スマートセンサー
    補助率:1/2 補助金交付限度額:1,312万円
 ≪申請者の要件について≫
   次の全てに該当する者
    ・「揮発油等の品質の確保等に関する法律」の登録を受けた揮発油販売業者
    ・「中小企業基本法」に基づく中小企業者(※1)
      株式会社、有限会社、合資会社、合名 会社、合同会社及び個人。
      但し、みなし大企業は除く
   かつ、次の法令違反等の事項に該当しない者(当該申請者の役員含む)
 ≪共同事業の要件について≫
   2者以上の申請者による共同事業として申請(共同申請)しなければなりません。
   (申請手引書P13「事業承継と共同事業の類型」参照)
   ただし、補助対象給油所の条件によっては単独の事業として申請(単独申請)すること
   も可能です。
 ≪補助対象給油所の要件について≫
   共同申請する申請者のうち最低1者が運営する補助対象給油所(スマートセンサー申請
   の場合は、配送拠点となる補助対象給油所)がSS過疎地等に所在することが条件となり
   ます。
   上記条件を満たせば、SS過疎地等に立地していない給油所も補助対象となります
  ※SS過疎地等とは、下記のいずれかに該当する地域
   過疎地域自立促進特別措置法(平成12年法律第15号。以下「過疎法」という。)に基づく
   過疎地域
    ・1市町村内の給油所数が3カ所以下の市町村
    ・居住地から最寄りSSまでの距離が15km以上ある地域を抱える市町村

 【実績報告書の提出期限について】
    《実績報告書提出期限》2022年2月4日(金)(※書類組合必着日)
    ※提出期限を過ぎた場合は、補助金のお支払いが出来ません
     補助金交付決定後に交付申請書に添付した見積書内容を変更する場合は、
     「計画変更等承認申請書」の提出が必要となる場合がございますので、
     組合事務局まで速やかにご連絡下さいますようお願い致します。




カテゴリー: 組合向け | 【申請受付中】令和2年度補正予算「事業再構築支援事業」のご案内 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

  • 3.11 東日本大震災について
  • 災害時のSS営業状況
  • 宮城県の緊急避難所 給油所110番について
  • 石油にかかる税金について