新着情報

【組合員の皆様へ】旧規格消火器は「2021年12月31日」まで交換が必要です。

●【組合員の皆様へ】旧規格消火器は「2021年12月31日」まで交換が必要です。

  2011年1月1日施行の省令改正により、消火器の規格が改正されました
  これにより、旧形式の消火器は型式失効となり、旧形式の消火器を継続的に
  設置出来るのは、「2021年12月31日」までとなっております。
  2022年1月1日以降は、型式失効した旧型式の消火器の設置は認められませんので、
  組合員の皆様におかれましては、SS・事務所内に設置している消火器の計画的な
  交換をお願いいたします。
  なお、製造年が2012年以降のものは、旧規格消火器ではありません
  製造年が2011年以前のものについて、下記の内容をご確認下さい。
  適応火災のマークが文字で表示されている消火器や「設計標準使用期限」が記載されて
  いない消火器は、型式失効した旧型式規格のものです。

●点検基準改正により製造から10年を経過した消火器は、耐圧性能点検(水圧試験)
 または、交換が必要です。

 設置が義務づけられている建物(防火対象物)では、製造から10年を経過した消火器に対する
 耐圧性能点検(水圧試験)が義務付けられ、以降3年ごとの耐圧試験が必要です。
 なお、消防法令等に基づいて設置が義務付けられている消火器については、耐圧性能点検を
 実施していても、旧規格消火器にあっては、2021年12月31日までに交換する必要があります
 ※ガス系消火器(二酸化炭素消火器・ハロン消火器)についても、旧型式消火器は、
  「2021年12月31日」までの交換が必要です!
  👇クリックすると(一般社団法人)日本消火器工業会HPにリンクします。
      ⇒「あなたの消火器、大丈夫ですか?」HP
   👇クリックするとPDFファイルが開きます。
     ⇒「消防法令等に基づいて設置されている旧規格消火器について」

  共同事業グループでは、SS設置用の蓄圧式粉末(ABC)業務用消火器等を取り扱っております。
   商品パンフレットはこちら!⇒ SSの消火器パンフレット(裏面は注文書です)


カテゴリー: 組合向け | 【組合員の皆様へ】旧規格消火器は「2021年12月31日」まで交換が必要です。 はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。

  • 3.11 東日本大震災について
  • 災害時のSS営業状況
  • 宮城県の緊急避難所 給油所110番について
  • 石油にかかる税金について