新着情報

【申請受付終了】2019年度「地下タンク撤去工事・漏えい防止工事」について

●2019年度予算「過疎地等における石油製品の流通体制整備補助事業」
  (地下タンク撤去工事・地下タンク漏えい防止工事等)について
 2019年6月5日(水)にて、第1回目分の申請受付を終了いたしました。
 申請手引書・申請書等の様式類は⇒ (一社)全国石油協会HP よりダウンロード出来ます。

 ≪申請受付期間≫ 2019年5月21日(火)~6月5日(水) ※書類組合必着日

地下タンク撤去工事の交付決定は、受付期間終了後に開催する審査委員会での審査を経て
 行います。漏えい防止工事の交付決定については、受付期間終了後、申請書類に不備等の
 無いものから順次行われます。
  
●「過疎地等における石油製品の流通体制整備補助事業」とは、
 過疎地等における石油製品の安全かつ効率的な安定供給体制の確保を目指すために、
 揮発油販売業者等が行う下記の工事にかかる費用の一部を補助する事業です。

≪補助対象工事の種類について≫
 ①地下埋設物等の撤去工事
  給油所閉鎖時における、地下タンク・配管を撤去する工事
 ②地下タンク漏えい防止工事(内面ライニング・電気防食システム設置・高精度油面計設置工事)
  ※対象地下タンク要件の詳細については、申請手引書をご覧下さい
  下記の(1)・(2)の何れかに該当する品確法登録給油所に設置されている地下タンクで、
  地下タンクの構造が「腐食のおそれが高い(又は特に高い)タンク」に該当するもの
  (1)2019年4月1日以降、2020年3月31日までに消防法令に基づく石油製品の流出事故防止が
    義務付られる地下タンク
  (2)2013年2月1日以降、2019年3月31日までに消防法令に基づく石油製品の流出事故防止が
    義務付けられている地下タンク(書面(改修計画等)を所轄消防署等に提出していることが
    確認出来ること)
 ③地下埋設物の関連工事
  過疎地域での必要なインフラを確保するため事業者間の統合・集約に伴い既設の地下タンク・
  配管を撤去してニ重殻タンク・樹脂製配管等に入れ換える工事及び移転により給油所を建設
  する工事
 ④簡易計量器設置工事
  過疎地域に所在する給油所の使用しなくなる地下タンクを廃止又は休止し、新たに簡易計量機
  を設置する工事

 地下タンク撤去工事・漏えい防止工事、地下埋設物の関連工事、簡易計量機設置の
 申請書・申請手引書は⇒ (一社)全国石油協会ホームページ よりダウンロード出来ます。

 TOPページより「地下タンクの撤去・漏えい防止工事 2019年度単年度分」のバナーを
 クリックして下さい。




カテゴリー: 組合向け | 【申請受付終了】2019年度「地下タンク撤去工事・漏えい防止工事」について はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。