新着情報

【申請受付終了】2019年度予算 「緊急配送用タンクローリー補助事業」について

●「2019年度予算 機動的燃料供給体制等構築支援事業(緊急配送用タンクローリー用)」のご案内
 「災害時に備えた地域におけるエネルギー供給拠点の整備事業」として、災害時の機動的な燃料供給
  拠点体制の確保のための「緊急用タンクローリー」の配備に要する経費に対して、当該経費の一部を
  助成する事業について、7月4日にて申請受付を終了致しております。

   ≪申請受付期間≫ 2019年5月27日(月)~7月4日(木) ※書類組合必着日
 
  申請手引書・申請書等の様式類は⇒ (一社)全国石油協会HP よりダウンロード出来ます。
  
 ●機動的燃料供給体制等構築支援事業(緊急配送用タンクローリー用)
   〇予算額:30億円
   〇補助対象:緊急配送用タンクローリーの購入
   〇補助率 :1/2以下
   〇補助金限度額:緊急配送用タンクローリー購入:10KL未満: 400万円/台
                          10KL以上:1,000万円/台
 •申請者資格について
   「災害対応要件」※の実施・同意について誓約する下記の者  
   〇品確法登録給油所を運営する揮発油販売業者
   〇配送拠点※を運営する揮発油販売業者または石油販売業者

   ※【災害対応要件】について
    ①補助対象設備の損傷や従業員の負傷により石油製品の配送継続が困難となった場合を除き、
     地域住民や被災者等への配送を継続すること。
    ②病院等重要施設や電源車への燃料供給、避難所への配送など国や自治体等の要請に応じた
     災害対応への協力を行うこと。
    ①運営する給油所等(設置場所)の立地する都道府県内でSSの立地する都道府県内で震度5強
     以上の地震(当該設置場所の立地地域の震度が5弱以下でも対象となる)、津波、噴火、台風、
     洪水等の災害が発生した場合又は資源エネルギー庁から要請を受けた場合は、「災害時情報
     収集システム」により、速やかに被害状況等の報告を行うこと。
    ②所有するタンクローリーの情報(設置場所・タンク容量・油種等)について登録し、災害対応
     に係る関係機関で共有することに同意すること。
    ③資源エネルギー庁の実施する「災害時情報収集システム」の報告訓練へ協力すること。
    ④緊急配送用タンクローリーについて、都道府県石油組合の下で管理を行い、災害発生時には
     組合と連携して燃料配送を行うこと。
   ※【配送拠点】について
    〇消防法に規定する石油製品(ガソリン・軽油・灯油・A重油)を貯蔵する貯蔵所及び取扱所
●実績報告書の提出期限について
   《実績報告書提出期限》:2020年2月5日(※書類組合必着日)

    提出期限を過ぎた場合は、補助金のお支払いが出来ません。
    あらかじめ納車予定時期を十分ご確認の上、申請されますようご注意下さい。
    なお、前回申請時と申請書様式が大きく変更になっております。
    また、補助金交付決定後に交付申請書に添付した見積書内容を変更する場合は、
    「計画変更等承認申請書」の提出が必要となる場合がございますので、
    組合事務局まで速やかにご連絡下さいますようお願い致します。

※交付申請書・申請手引書は、
 ⇒ (一社)全国石油協会ホームページ よりダウンロード出来ます。

  TOPページより「機動的燃料供給体制等構築支援事業(緊急配送用タンクローリー)」の
  バナーをクリックして下さい。





カテゴリー: 組合向け | 【申請受付終了】2019年度予算 「緊急配送用タンクローリー補助事業」について はコメントを受け付けていません。

コメントは受け付けていません。