新着情報

【組合員の皆様へ】SS店頭告知用ツール「灯油缶カバーの有料化」について

  👆上のバナーをクリックするとぜんせきWebダウンロードページにリンクします。
   「SS店頭告知用ツール」は、web会員に限らずどなたでもダウンロードが可能です。
    PDF形式と記載内容の加筆修正ができるパワーポイント形式の2種をご用意して
    おります。
  7月1日からレジ袋の有料化がスタートしております!
   容器包装リサイクル法の関連省令が改正されたことにより、小売業者が商品を販売する際
   に消費者が購入した商品の持ち運びに用いるプラスチック製買物袋(以下、レジ袋)の過剰
   な使用を抑制することを目的として、「小売業を営む全ての事業者が対象」7月1日から
   レジ袋の有料化がスタートしております。

   レジ袋有料化スタートにより、SS事業者自らが1枚ごとに1円以上の価格を設定する必要
   あり、全石連で斡旋しております「灯油缶カバー」も有料化対象に含まれます。
   全石連では、灯油シーズンを迎えるにあたり、「灯油缶カバー」の有料化をお客様にお知ら
   せする「SS店頭告知用ツール」を作成いたしました。
    
   また、全石連ではこれまでに頂いた質問や本制度で分かりにくい点などをQ&A形式で
   取りまとめました。組合員の皆様方におかれましてはSSスタッフの方々へのご回答
   などにご活用下さいますようお願い致します。
   👇クリックすると、PDFファイルが開きます。(※7/7更新)
     ⇒ 「全石連作成 レジ袋有料化についてQ&A」
   ○有料化の対象となるのは、下記の4項目に該当するレジ袋です。
    (下記4項目に該当しても、条件を満たせば有料対象外となるポリ袋も有ります)
     プラスチック製であること。
     ②持ち手が付いていること。
     ③商品を持ち運ぶために用いること。
     ④消費者が不要であれば辞退可能であること。

   (有料化対象の一例)
     ①灯油販売時、お客様の灯油ポリ容器へ灯油缶カバーを使用する場合も例外なく対象と
      なります。
     ※灯油缶を入れるポリ袋の場合、商品である灯油を袋に直接入れるわけではありませんが、
      商品を入れた容器を入れる袋であるので、有料対象となります。
      現在ご使用中の灯油缶カバーの仕入先へ有料化の対象か否か、事前にご確認することを
      推奨いたします
     ②タイヤ交換の時に、夏用(冬用)タイヤを入れるプラスチック製の袋をお客様に提供している
      場合で、持ち手がついている袋で「SSで販売したタイヤ」の場合は有料対象となります。
      ※袋に入れる物が「SSで購入したタイヤ」である=「商品」を入れるので有料化の対象
   (無料対象の一例)
     ①タイヤ交換の時に、夏用(冬用)タイヤを入れるプラスチック製の袋をお客様に提供している
      場合で、持ち手がついていない袋(下図B)は無料対象となります。
     ②タイヤ交換の時に、夏用(冬用)タイヤを入れるプラスチック製の袋をお客様に提供している
      場合で、持ち手がついている袋で「お客様持込みのタイヤ」の場合は無料対象となります。
      ※袋に入れる物が「お客様のタイヤ」である=「商品」には該当しないので有料化対象外
     ③ENEOSトレーディング㈱が扱う灯油缶カバーは下図Bに該当し、無料対象となります。

   👇クリックすると、PDFファイルが開きます。
     ●プラスチック製買物袋有料化実施ガイドライン  
     ●レジ袋有料化 Q&Aガイド
     ●法令に基づく対象となる袋の判断基準等について

   👇クリックすると、経済産業省ホームページにリンクします。
     ⇒ 経済産業省ホームページ「プラスチック製買物袋の有料化制度について」



カテゴリー: 組合向け | 【組合員の皆様へ】SS店頭告知用ツール「灯油缶カバーの有料化」について はコメントを受け付けていません。

【間もなく追加申請終了】令和2年度当初予算「住民拠点SS整備補助事業」のご案内

●「令和2年度当初予算 住民拠点SS整備補助事業」の追加申請受付のご案内
 令和2年度当初予算 住民拠点SS整備補助事業
 (自家発電設備・緊急可搬式バッテリー計量機・緊急用可搬式ポンプ導入支援)について、
 2020年10月8日(木)~27日(火) ※書類組合必着日の期間中、追加申請受付を致しております。

 申請手引書・申請書等の様式類は、⇒ (一社)全国石油協会HP よりダウンロード出来ます。
  石油協会TOPページより⇒
  「住民拠点SS整備補助事業(可搬式給油機)」のバナーをクリック、
   次に⇒上から3番目のバナー、災害時に備えた地域におけるエネルギー供給拠点の整備
   事業「住民拠点SS整備補助事業(令和2年度当初)」をクリックして下さい。

   
      ≪申請受付期間≫ 2020年10月8日(木)~27日(火) ※書類組合必着日

◆「令和2年度当初予算 住民拠点SS整備補助事業」について
  ≪予算額について≫
   令和2年度当初予算残額:9.0億円
  ≪補助率について≫
   補助対象経費の10/10

   補助対象経費は、本体費用・工事費用(設置工事(土木工事費を含)・電気工事・試運転
   費用)・消防申請費(納付金に限る)が対象となり、それ以外の消費税等・諸経費等は対象
   外のため、必ず自己負担が生じます。

   ※補助金で設置した設備を処分する場合、補助金の返還が必要となります
  ≪事業概要について≫
   ◎災害時の石油製品の安定供給体制を構築するため、給油所等に発電設備を配備し、
    災害時に地域の燃料供給拠点としての役割を果たす給油所等(配送拠点を含む、
    以下「住民拠点SS」という)に対して、自家発電設備を導入する際の設備購入費用
    の補助を行うことを目的とします。
  ※住民拠点SSの申請に際しては、災害時に地域の燃料供給拠点としての役割を果たす
   よう、以下の4点の厳守を誓約して頂ける者となります。
   ①運営するSS等の立地する都道府県内で震度5強以上の地震(当該SS等の立地地域の
    震度が5弱以下でも対象となる)、津波、噴火、台風、洪水等の災害が発生した場合
    又は資源エネルギー庁から要請を受けた場合は、国が整備するシステム等(以下
    「災害時情報収集システム」という。)により、速やかに被害状況等の報告を行う
    こと。
    また、給油所設備の損傷、従業員の負傷等により事業継続が困難となった場合を除き、
    地域住民や被災者等に可能な限り給油を継続すること。配送拠点にあっては、国・
    自治体等からの要請に基づき、燃料配送を確実に行うこと。
   ②災害時において自家発電設備が正常に稼動するよう、平時から定期点検を行うととも
    に、年に2度は稼動確認を行うこと。
   ③資源エネルギー庁の実施する「災害時情報収集システム」の報告訓練へ協力すること。
   ④資源エネルギー庁が住民拠点SSとして基礎情報(運営会社、給油所名、電話番号、
    住所等)を平時から公表することに同意すること。
    ※申請給油所の所有者と運営者が異なり、所有者が補助金受給者となる場合において
     も、運営者に厳守いただく必要があります。
    ※自家発電設備設置工事の完了を確認次第、上記④を資源エネルギー庁のHPにて公表
     します。
    誓約に反した場合は、補助金の返還対象となりますので、趣旨を十分ご理解の上、
     申請下さい

  ≪補助対象設備について≫ ※中古品も対象です。
    1.自家発電設備
     内燃機関発電設備に限る。原則、計量機2基以上が同時に稼動できるものに限る。
    2.緊急可搬式バッテリー計量機
    3.緊急用可搬式ポンプ(人力で稼動するもの)
     原則、自家発電設備と同時に設置する場合に限る。
     ただし、既に要件を満たす自家発電設備がある場合は単独での申請も可とする。
     ※配送拠点は、自家発電機のみの設置になります。
  ≪上限額について≫
     1給油所当たり合計で 250万円
     但し、緊急可搬式バッテリー計量機及び緊急用可搬式ポンプのみの場合、
     合計で50万円
  ≪補助対象経費について≫
    ・本体費用
    ・工事費用工事費用(設置工事、土木工事費(保管庫等の設置費を含む)・電気工事・
     試運転費用)
    ・消防申請費(納付金に限る)
    ※消費税、諸経費等は補助対象外となります。
  ≪申請の注意事項について≫
   ①申請書提出後に石油協会から送付する「交付決定通知書」の日付以降に発注・契約する
    設置設備が対象です。既に設置しているものや「交付決定通知書」の日付より前に発注
    ・契約しているものは対象となりません。
   ②申請者資格は、申請時点の要件だけでなく、補助事業実施期間中においても要件を満た
    しておく必要があります。万が一、補助事業実施期間中に申請資格要件を満たさなく
    なった場合は、申請の取消し補助金返還が必要になる可能性がありますのでご注意下さ
    い。
    ※申請者資格要件の補助事業実施期間中の考え方については、申請手引書P12(8.法令順守の
     義務)に記載してありますのでご確認下さい。
   ③補助金交付前、交付後に関わらず、会社の合併、統合、名称変更、代表者変更等がある
    ときは、必ず石油協会へ報告して下さい。
   ④平成29年度の予算執行から、経済産業省の全ての補助金について、間接補助金等の情報を
    法人インフォメーション※に原則掲載することとなっております。
    当事業に係る補助金の交付決定等に関する情報等(交付決定日(採択日)、交付決定先
    (採択先)、法人番号、交付決定額等)についても、法人インフォメーションに原則掲載
    されることとなりますので、事前にご承知置きください。
   ⑤補助事業者による事業内容の虚偽申請、補助金等の重複受給、その他補助金等に係る予算の執行
    の適正化に関する法律(以下「適正化法」という。)、補助金等に係る予算の執行の適正化に
    関する法律施行令、業務方法書及び交付決定の際に付した条件に関する違反が判明した場合、
    次の措置が講じられることになります。
     ・交付決定の取消、補助金等の返還及び加算金の納付
     ・適正化法第29条から第32条までの規程による罰則
     ・相当の期間補助金等の全部又は一部の交付決定の不実施
     ・補助事業者等の名称及び不正の内容の公表
   ⑥1給油所につき1回のみの申請です。
   ⑦本補助金の交付を受けて設置する設備(取得単価50万円以上(税抜)については、「財産管理」
    を行う必要があります。(取得単価は補助金受給額ではありません。)対象となる設置した設備
    を処分する場合、補助金の返還が必要です。
   ⑧給油所等で改装工事をする場合は、消防法により改装工事の届出が義務付けられております
    ので、所轄の消防署へ必ず工事方法等を相談しに行って下さい。
   ※その他詳細については、申請手引書をご確認下さい。

カテゴリー: 組合向け | 【間もなく追加申請終了】令和2年度当初予算「住民拠点SS整備補助事業」のご案内 はコメントを受け付けていません。

【軽油引取税全国協議会より】不正軽油は犯罪です!

軽油引取税全国協議会よりのお知らせ「不正軽油は犯罪です!」
  10月は「全国不正軽油撲滅強化月間」です!
  平成23年の法改正により、罰則が大幅に強化されました!
  不正軽油の製造、販売、使用はもちろん、不正軽油に使用されることを知りながら材料を
  提供・販売した人、不正軽油を製造する場所を提供した人なども重い罰則が適用されます。
  
 👇クリックすると、PDFファイルが開きます。 不正軽油防止周知リーフレット 
 ※【不正軽油とは…】
  主に灯油やA重油を不正に混ぜて「軽油」と称して流通しているものです。
  不正軽油は、軽油取引税の脱税にとどまらず、環境汚染の原因にもなっています。
  不正軽油の流通は、公正な市場原理を阻害します。



カテゴリー: 組合向け | 【軽油引取税全国協議会より】不正軽油は犯罪です! はコメントを受け付けていません。

【ご案内】2020年共同事業部「秋の3ヵ月キャンペーン」実施中です!

●2020年共同事業部「秋の3ヵ月キャンペーン」のご案内
  毎年、多くの組合員の皆様方にご協力をいただいております、
  共同事業部「秋の3ヵ月キャンペーン」について、
  2020年度も 9月1日(火)~11月30日(月) の期間、実施致しております。
  組合員の皆様方に於かれましては、是非ご協力賜りますようお願い申し上げます。
  商品の詳細やお見積り等は、組合事務局(TEL 022-265-1501)までお気軽にお問い
  合わせ下さい。

     キャンペーン実施期間 : 9月1日(火)~11月30日(月)

  キャンペーン対象品目は、給油伝票・ロール紙(既製品)、洗車用タオル、贈答用タオル、
  リサイクルトナーカートリッジ、タオルクリーンSS、洗車機用ケミカルとなっております。
  また、この期間中にロール紙(既製品)・洗車用タオル(贈答用タオルは対象外)・タオル
  クリーンSS・リサイクルトナーカートリッジ・洗車機用ケミカルをご注文いただきますと、
  キャンペーン特別価格にてお求めいただけます!
  ぜひ、この機会をお見逃しないようご案内申し上げます。
   その他の取扱商品はこちら! ⇒ 共同事業部 商品紹介ページへ
   商品総合カタログはこちら! ⇒「May I Help You 2020年カタログ」
   最新号チラシはこちら!   ⇒「共同事業インフォメーション 2020年夏・秋号」
   最新号価格表はこちら!   ⇒「May I Help You 2020年価格表 26-1」

「洗車用タオルキャンペーン特価」のご案内 ≪洗車用タオル(中国産) ALL 5円引き!!≫
 ~洗車用タオル
  〇【人気No.1!ロングセラー!おかげさまで累計販売 2,600万枚突破!】
    商品コード700 手のひらサイズR型タオル
            600枚以上1枚当たり88円⇒ 83円
            (34cm×48cm 白・青・ピンク・黄色 約56g)
  〇【吸水性と速乾性に優れています!このボリューム感で低価格!】
    商品コード682 マイクロファイバースクエアタオル
            600枚以上1枚当たり92円⇒ 87円
            (40cm×40cm 青・赤・黄・緑色 約50g)
  〇【車内吹きに適したミニサイズタオル!セルフSSにも最適な低価格!】
    商品コード688 110匁ライトタオル
            600枚以上1枚当たり61円⇒ 56円
            (33cm×40cm グリーンのみ 約34g)
  ※その他の洗車用タオルはこちら!⇒ 洗車用タオル 商品紹介ページへ


≪ロール紙 ALL 4円引き! 最大8円引き!≫
 ~POSロール紙
  パンフレット掲載品以外にも、各種ロール紙をご用意しております。
  その他、特殊ロール紙(ハンディ端末機器用ロール紙、スキャンツール用ロール紙、
  カラーロール紙等)の特注作成も承っておりますので、お見積りだけでもお気軽に
  組合までお問合せ下さい。
 ※その他のロール紙はこちら!⇒ ロール紙 商品紹介ページへ

≪リサイクルトナー ALL500円引き!!≫
 ~トナーカートリッジ
  各メーカー対応:リサイクルトナー以外にもメーカー純正品も取り扱いしております!
  リサイクルトナーカートリッジの納品方法は、2種類ございます。
  ①リターン式
   (現在使用中のトナーカートリッジをお引取し、工場でトナー充填後に再納品します)
  ②プール式
   (メーカー在庫品のトナーカットリッジを納品致いたします。お急ぎの場合はお薦め!)
   ※また、不要になった空トナーカートリッジも納品時に合わせてお引き取りいたします。

≪洗車機用ケミカル 10%OFF!!≫
 ~洗車機用ケミカル
  各洗車機メーカー(ダイフクプラスモア、ビユーテー、KeePer技研、エムケー精工)
  対応製品です。洗車機の運用コストの削減に貢献いたします!

 上記でご紹介したアイテム以外にも弊組合では、多くの全石連各種斡旋商品を取扱い致して
 おります。
 ≪取り扱い商品の一例≫
  ○営業用備品 (POSカード・各種POSファイル・ブレーキクリーナー等)
  ○品確法関連商品 (品質管理表示板・危険物取扱者看板・維持計画認定店表示板)
  ○販促用品 (贈答用タオル・BOXティッシュ)
  ○季節商品 (18ℓ・20ℓ灯油缶・灯油缶カバー・社名入りカレンダー)
    その他の取扱商品はこちら! ⇒ 共同事業部 商品のご紹介へ
    最新号チラシはこちら!   ⇒「共同事業インフォメーション 2020年夏・秋号」
 ≪ご注文のご案内≫
  ロール紙・洗車タオルは、 ロール紙・タオル専用注文書(PDFファイル)にご記入下さい。
  手書き伝票やその他商品については、注文用紙(PDFファイル)にご記入の上、
  組合事務局(FAX 022-264-1072)までFAXにてお申し込み下さい。
  また、ロール紙・洗車用タオルをご検討中の組合員様にはサンプル品もご用意いたします!
  商品詳細やお見積り等は、
   組合事務局(TEL 022-265-1501)までお気軽にお問い合わせ下さい。

カテゴリー: 組合向け | 【ご案内】2020年共同事業部「秋の3ヵ月キャンペーン」実施中です! はコメントを受け付けていません。

【消費者の皆様へ】全石連では「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です!

 只今、全石連では「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です!
 もしもの時のために車は満タン灯油は多めに備えましょう!
 全石連HP「満タン&灯油1缶運動消費者向けサイト」のご案内
  ⇒全石連HP「石油広場」TOPページより、 下記の外部リンク
   「満タン&灯油1缶運動消費者向けサイト」のバナーをクリックして下さい。 

この運動のきっかけは・・・
 阪神・淡路大震災(1995年、M7.3)、東日本大震災(2011年、M9.0)、熊本地震(2016年、M7.3)と
 日本はこれまで巨大な地震に見舞われてきました。
 そして、近い将来、南海トラフ地震(M9)や首都直下地震(M7.3)が発生することが想定されており、
 国・地方自治体では防災対策の整備が進められています。
災害が発生すると・・・
 大地震や豪雨などの災害が発生したことで燃料の入手が困難になり、生活に大きな影響が生じました。

災害発生時の安心のために・・・
 石油製品は非常食や飲料水のように簡単に“備蓄”することができません。災害発生時の“安心”のため
 に、車の燃料メーターが半分程度になったら満タンを心がける、暖房用の灯油は1缶余分に買い置く
 ことを心がける、「満タン&灯油プラス1缶運動」を、私たちは提案します。


満タン&灯油プラス1缶運動「5つのキーワード」
 ①災害時の「安心」が高まります
  大災害が発生すると家庭用燃料(ガソリン・軽油・灯油)の入手が困難になります。
  車の燃料メーターが半分程度になったら満タンにする。暖房用の灯油は1缶余分に買い置く。
  これで、お客様の災害対策は、より「安心」になります。
 ②エコドライブと両立できます
  車の重量が重くなると燃費に影響が出るので、車の中に不要不急なものが置きっぱなしに
  なっていないかチェックしましょう。
  ガソリン10ℓは約7kgですが、もしもの時に安心できるための重さとしてご理解ください。
 ③携行缶での保管は危険!満タンをおすすめします
  ガソリンは、ポリ容器では販売ができません。セルフガソリンスタンドではお客様による
  ガソリン携行缶への販売も禁止されています。
  携行缶の使用上の安全性と品質劣化の観点から、携行缶によるガソリンの保管は控え、車を
  満タンにすることをおすすめします。
 ④灯油の保管でご注意いただきたいことがあります
  灯油ポリ缶の保管では、
  (1)火気のない冷暗所で
  (2)しっかりと密栓して貯蔵しましょう。
  灯油ポリ缶は経年劣化するため、5年を目安に買い替えされることをおすすめします。
  灯油ポリ缶には「製造年月」が表示されていますので、シーズン前にご確認されることを
  おすすめします。
 ⑤灯油の品質でご注意いただきたいことがあります
  昨シーズンに使い残したり、寒暖差の激しい環境に置かれた灯油は、品質が劣化している場合が
  あり、それを使用すると暖房機器が故障する原因になることがあります。
  灯油はシーズン中に使い切ることをおすすめします。



お客様からのよくある質問
 ①なぜ「満タン&灯油プラス1缶運動」を行っているのですか?
  大災害発生後には、ガソリンや灯油を買い求めるパニックが起きることが想定されます。
  車が満タンであれば、プライバシー空間としての車内を情報収集拠点として利用できます。
  灯油1缶(18?)があれば、暖房用燃料として活用できます。
  この運動は災害時の買い求めパニックを回避することにもなります。
 ②「満タン&灯油プラス1缶運動」はガソリンスタンドが儲けることが目的ですか?
  ガソリンスタンドの地下タンク内の在庫量は、日々変動しています。
  大災害発生時には、ライフラインを維持するため、お客様がご希望の量のガソリンなどを購入
  することが難しくなります。
  災害時の備えとして、ご事情が許されるときに満タンにされることをおすすめします。
 ③満タンにしたり、灯油を1缶持つことは危険性が高くなるのではないですか?
  車の構造上、満タンにすることで危険性が高くなることはありません。
  携行缶でガソリンを保管することは、安全面、品質面からおすすめしません。
  灯油についてもオフシーズンまで備える必要はありません。
 ④車を使うたびに満タンにした方がいいの?
  燃料メーターが半分程度になったら、満タンにすることをおすすめします。
  満タンにすることがお客様にとって“燃料の備蓄”になるとお考えください。
  いざというときの安心が高まります。
 ⑤満タンにすると燃費が悪くならないの?
  資源を有効利用するエコドライブは有意義なことです。
  満タンにすると、車重が増えて燃費に若干の影響がでることが考えられますが、運転方法や
  道路事情によっても燃費は影響を受けます。
  燃費の向上か、災害時の安心か、どちらを選択されるかは、お客様がご判断ください。
 ⑥うちはホームタンクで灯油を使っているけど、別に1缶余分に置いておく方がいいの?
  大災害発生時には、灯油の配送が滞る事態が発生します。
  ホームタンクとは別に1缶余分に置いてあれば、私たちが配達に行けない状況となったときに
  少し余裕が持てます。
 ⑦使い残した灯油はどうすればいいの?
  翌シーズンに持ち越した灯油を使うと、暖房機器の故障の原因となることがありますので、
  シーズン中に使い切ることをおすすめします。

 👇画像をクリックすると、動画が再生されます。
  ●満タン運動とは

  ●ご家族の皆様へ

  ●ドライバーの皆様へ




カテゴリー: 組合向け | 【消費者の皆様へ】全石連では「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です! はコメントを受け付けていません。

【組合員の皆様へ】全石連では「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です!

 只今、全石連では「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です!
 もしもの時のために車は満タン灯油は多めに備えましょう!
 全石連HP「満タン&灯油1缶運動組合員向けサイト」のご案内
  ⇒全石連HP「石油広場」TOPページより、 下記の外部リンク
   TOPページより、「満タン&灯油1缶運動組合員向けサイト」のバナーをクリックして下さい。 

 ≪満タン&灯油プラス1缶運動 5つのポイント≫

 ❶災害時の「安心」をアピールしましょう。
  大災害が発生すると、家庭用燃料(ガソリン・軽油・灯油)の入手が困難になります。
  車の燃料メーターが半分程度になったら、「満タン」にする。暖房用の灯油は1缶余分に買い置く。
  これで、お客様の災害対策は、より「安心」になることをお伝えしましょう。
 ❷エコドライブと両立を提案しましょう。
  車の重量が重くなると燃費に影響が出るので、燃費向上のために車の中に不要不急なものが置かれ
  ていないかチェックすることをおすすめしましょう。
  タンクを満タンにすると車は重くなりますが、もしもの時に安心できるための重さでもあることを
  説明して理解を得てください。
 ❸携行缶での保管は危険なことを説明しましょう。
  ガソリンは、ポリ容器では販売ができません。
  セルフSSでは、お客様によるガソリン携行缶への販売も禁止されていることを説明しましょう。
  携行缶の使用上の安全性と品質劣化の観点から、携行缶によるガソリンの保管は控え、車を満タン
  にすることをおすすめしましょう。
 ❹灯油の保管上の注意点を説明しましょう。
  灯油ポリ缶の保管では、
   ①火気のない冷暗所で
   ②しっかりと密栓して貯蔵することをお伝えしましょう。
  灯油ポリ缶は経年劣化するため、5年を目安に買い替えされることをおすすめしましょう。
  灯油ポリ缶に表示されている「製造年月」の確認方法を説明しましょう。
 ❺灯油の品質に関する注意点を説明しましょう。
  昨シーズンに使い残したり、寒暖差の激しい環境に置かれた灯油は、品質が劣化している場合が
  あり、それを使用すると暖房機器が故障する原因になることがあることを説明しましょう。
  灯油はシーズン中に使い切ることをおすすめしましょう。


お客様から寄せられる質問と模範回答

 この運動について、お客様から寄せられる質問と模範回答をまとめてみました。ご参考にして下さい。
 Q1.なぜ「満タン&灯油プラス1缶運動」を行っているのですか?
   大災害発生時には、ガソリンや灯油を買い求めるパニックが起きることが想定されます。
   車が満タンであれば、プライバシー空間としての車内を情報収集拠点として利用できます。
   灯油1缶(18ℓ)があれば、暖房用燃料として活用できます。
   この運動は、災害時の買い求めパニックを回避することにもなります。
 Q2.「満タン&灯油プラス1缶運動」はガソリンスタンドが儲けることが目的ですか?
   SSの地下タンク内の在庫量は、日々変動しています。
   大災害発生時には、ライフラインを維持するため、お客様がご希望の量のガソリンなどを購入する
   ことが難しくなります。
   災害時の備えとして、ご事情が許されるときに満タンにされることをおすすめします。
 Q3.満タンにしたり、灯油を1缶持つことは危険性が高くなるのではないですか?
   車の構造上、満タンにすることで危険性が高くなることはありません。
   携行缶でガソリンを保管することは、安全面、品質面からおすすめしません。
   灯油についても、オフシーズンまで備える必要はありません。
 Q4 車を使うたびに満タンにした方がいいの?
   燃料メーターが半分程度になったら、満タンにすることをおすすめします。
   満タンにすることが、お客様にとって“燃料の備蓄”になるとお考えください。
   いざというときの安心が高まります。
 Q5 満タンにすると燃費が悪くならないの?
   資源を有効利用するエコドライブは有意義なことです。
   満タンにすると、車重が増えて燃費に若干の影響がでることが考えられますが、運転方法や
   道路事情によっても燃費は影響を受けます。
   燃費の向上か、災害時の安心か、どちらを選択されるかはお客様がご判断ください。
 Q6.うちはホームタンクで灯油を使っているけど、別に1缶余分に置いておく方がいいの?
   大災害発生時には、灯油の配送が滞る事態が発生します。
   ホームタンクとは別に1缶余分に置いてあれば、私たちが配達に行けない状況となったときに
   少し余裕が持てます。
 Q7.使い残した灯油はどうすればいいの?
   翌シーズンに持ち越した灯油を使うと、暖房機器の故障の原因となることがありますので、
   シーズン中に使い切ることをおすすめします。
   使い残しの灯油の取扱いは、お買い求めのお店にご相談ください。
 上記をふまえ、お客様にご説明・ご提案下さい。
 
  満タン運動に関するパンフレット類は、こちらからダウンロードしてご利用下さい。
  👇パンフ名をクリックすると、PDFファイルが開きます。
       SSスタッフ用マニュアル              PRチラシ


カテゴリー: 組合向け | 【組合員の皆様へ】全石連では「満タン&灯油プラス1缶運動」を展開中です! はコメントを受け付けていません。

【国土交通省より】「水没車両からの脱出手順と脱出用ハンマー搭載のお願いについて」

【国土交通省より】「水没車両からの脱出手順と脱出用ハンマー搭載のお願いについて」

 国土交通省は、去る8月12日に「水没車両からの脱出手順と脱出用ハンマー搭載のお願い
 について」を公表いたしました。
 国土交通省ホームページでは、昨年発生した台風19号や令和2年7月豪雨において水没等に
 よる事故が相次いでいることを受け、「水没車両からの脱出方法」「脱出用ハンマーの
 搭載拡大、正しい使用方法」の周知を図っております。
 自動車ユーザーの皆様におかれましては、水没車からの正しい脱出手順をご理解いただき、
 車両には「脱出用ハンマー」を搭載下さいますようお願い致します。
 
 1.水没した車両からの脱出手順
  冠水した道路を自動車で走行した場合、エンジン等が停止し移動できなくなる危険性が
  あり、水位によっては水圧等で車両からの脱出が困難になります。
  万が一こうした状況に遭遇した際には、以下の手順で速やかに脱出してください。


 2.脱出用ハンマーの備付けのお願い
  水位の上昇に伴い、万が一、車内からドアや窓を開くことができなくなった場合、素手等
  で窓ガラスを割ることは困難です。脱出用ハンマーの備えは「命綱」の確保です。
  ※注意! ただし、フロントガラス等の「合わせガラス」は割れません。
  使用方法等に加え、車両の破砕可能な窓ガラスの箇所を事前にご確認ください。

  クリックするとPDFファイルが開きます。
   ⇒【本誌】 台風の前に車両からの脱出手順の確認を!
         ―水没車両からの脱出手順と脱出用ハンマー搭載のお願いについて―」

   ⇒【別紙1】自動車ユーザーの皆様へ(車両水没時の車内からの脱出手順)
   ⇒【別紙2】自動車販売店、自動車用品販売店等に対する協力依頼について
   ⇒【別紙3】水害時等の車内被災の防止に関する今後の課題・取組案(中・長期的対策)
   ⇒【別紙4】車内被災防止周知用チラシ(A3両面・2つ折り)




カテゴリー: 組合向け | 【国土交通省より】「水没車両からの脱出手順と脱出用ハンマー搭載のお願いについて」 はコメントを受け付けていません。